ジョニー・デップ、約28億円訴訟でTMGマネジャーらと和解

ジョニー・デップは、2017年1月にザ・マネジメント・グループ社(TMG)元マネジャーらに対し、ビジネス上詐欺行為があったとして裁判続編。

ジョニー・デップ元マネージャーらと和解

実は裁判は2018年7月15日に行われる予定だったが、前日14日に行われた調停の場で、両者の和解が成立となったという今回のケース。
元ファイナンシャルアドバイザーとしてジョニーの資産管理をしていた彼らとジョニーの言い分も色々あった模様。
ジョニー・デップは収入以上のお金を使っていたり、月3万円もワインセラーの費用をかけたり。一方ジョニーはマネージャーらに詐欺行為があったことを訴え続けていたというが、過去にもニコラス・ケイジなどセレブたちに意外と多い浪費や借金問題など稼ぐ分非常に危険なお金の問題かもしれない。

和解に至った理由リリー=ローズ・デップのため?

リリー=ローズ・デップ
ジョニー・デップが家族(元パートナーのヴァネッサ・パラディとの間に2人の子供がいる)、そして自分自身のキャリアのために、個人および俳優、アーティストとしての評判を守ろうという決意からだったという。
それにしても娘のリリー=ローズ・デップはジョニーにもヴァネッサにも似ていて益々今後も期待がかかる美女。
これで俳優業に打ち込めるであろうジョニー・デップ、お疲れ様!